担当者関連の変更管理

担当者関連の変更管理

担当者関連の変更管理 変更管理の担当者になった場合、どのように仕事を進めればよいのでしょうか。最も基本的なことは、会社として、あるいは部門として、変更管理に関わる手順書があるはずですから、それに従って仕事をすることです。自分勝手な思いつきとか判断だけで仕事を進めてはいけません。これは常識なのですが、そうはいっても一種の理想論で、特に中小の企業などにおいてはそんな手順書など存在していないか、あっても非常に限られた内容が書かれているだけで実際には参照する役には立たないということもあるでしょう。
そういう場合に重要なことは、どんな変更であっても、またその作業がどんなものであっても、しっかりと記録を残しながら行うということです。そして、必要であれば自分自身だけではなく、上司やシステムの責任者の確認や承認を受けながら行う必要があります。このように記録を残しつつ、また必要な承認を受けながら仕事を行うことで、もし何か問題が発生した場合でもその影響を最小限にすることができます。

コンピューターシステムの変更管理の権限について

コンピューターシステムの変更管理の権限について コンピューターシステムの変更管理権限ですが、これは普通に考えても分かることでしょうが、個々のユーザーが自由に行うことができるケースも皆無とは言わないものの、普通はそんなことでは困ります。個々のユーザーはあくまで決められたシステムをマニュアルに従って利用できることだけが求められ、システムを変更管理できるのは例えばシステム管理者など限られた一部の人だけとしておくのが適切です。
システムは多くの人が共通して利用するものでしょうし、一般的には複雑で、とくにシステムに関する知識もない人がいじって問題を生じないものではありません。テレビや電子レンジのような電化製品に不具合が生じた場合に、素人が分解して修理できるようなものではないのと同じというか、それ以上に問題でしょう。
ですから、一般のユーザーにはそのようなことができないようにしておき、使っている最中に何かバグなどを発見して変更が必要ではないかと思われた場合には、システム管理者に連絡するようにしておくことが適切です。

新着情報

◎2020/3/16

目的と変更に伴うアセスメント
の情報を更新しました。

◎2020/1/28

目標設定の重要性
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

リスク軽減を意識することが重要
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

担当者関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/7/25

ソフトウェア関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「管理 担当」
に関連するツイート
Twitter