リスク軽減を意識することが重要

リスク軽減を意識することが重要

リスク軽減を意識することが重要 変更管理は様々な作業の変更を管理する目的で行われるものですが、単純に変更する項目をチェックするだけではなく、その内容に関するリスクを十分に意識することが重要です。
これを意識することによって、ひとつの行程だけでなく、これに付帯する様々な作業への影響が認識できるようになるため、様々な問題に事前に対応することが可能となるのです。
多くの作業は複数の項目が並行して行われており、ひとつが変更されることで様々な他の項目への影響が大きくなる場合が少なくありません。
特に製造分野では複数の内容を並行して行い、最後にそれぞれで制作された部品を1つに合わせて組み立てることが多いのですが、この場合にその内容が他の工程に徹底されていないと大幅な納期遅れ等を生じるリスクが高まってしまうのです。
そのため、変更管理は様々な作業を十分に意識して行うことが必要で、またこれを行うことにより円滑な作業管理を維持することが可能となります。

ダウンタイムが発生している時の変更管理を行うには

ダウンタイムが発生している時の変更管理を行うには 現在の企業はコンピューターネットワークを活用して業務を進めています。
インターネットやサーバなどは、常に稼働している状況ですので、不具合が発生したり、定期的なメンテナンスをしたりする時に、その保守期間というものが発生します。サービスを停めて保守をしたり、不具合が発生したりしてシステムが停止したりしている期間をダウンタイムと言います。
企業にとって、ダウンタイムが発生していますと業務に支障が出る事が多々あります。変更管理を行う事で代替手段による業務継続が行えますので、代替手段を用意しておく事が大切です。
変更管理を実施する際には、業務データのバックアップをしておきます。バックアップがありますと、保守や点検をしている時にデータを失ってしまうといった事が起こった時に、データを復元する事が可能だからです。
企業が業務に支障が出ないようにするには、変更管理をしっかりと行う事で回避する事が出来ます。業務を円滑に進める為の選択肢を増やしていかなければいけません。

新着情報

◎2020/3/16

目的と変更に伴うアセスメント
の情報を更新しました。

◎2020/1/28

目標設定の重要性
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

リスク軽減を意識することが重要
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

担当者関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/7/25

ソフトウェア関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「ダウンタイム」
に関連するツイート
Twitter