目標設定の重要性

目標設定の重要性

目標設定の重要性 変更管理の際に、適切な目標を設定することは非常に重要です。なぜならば、そこから変更する内容が決まり、それに基づいた変更管理が行われるためです。そのため、設定が的確でない場合は変更する内容も適切ではなくなり、結果として変更管理にも問題が生じます。
目標設定を適切に行うためには、現状を的確に把握しておくことが重要です。特にやる気がある場合は、多少無理な想定でも不可能ではない気がしてしまうため、注意が必要です。冷静に状況を判断するようにしましょう。また、想定外の状況が生じている場合は、目標の変更を求められます。これは達成できそうにない場合に下方修正をするのはもちろんですが、早期に達成できそうな場合に上方修正や新たな課題を追加することも目標の変更に変わりはありません。
このような場合、下方修正であれば損失を抑える方向に、上方修正の場合は本来の目標を維持できるようにすることが重要となります。これらについても、やはり現状の把握が必須です。想定外の事態に動揺することなく、適切に判断していくことが推奨されます。

変更管理の目的とは

変更管理の目的とは 変更管理をしなければならないが何のためにやるのかよくわからない、そんなことを思っていませんか。もちろんシステムの変更を行うからではあるのですが、そもそも変更管理は何のために行うのかを詳しく知っておくことは大切です。
変更管理の目的は、主に2つあります。1つ目は、変更を丁寧に行うことで変更から起きる様々な影響に対処することを可能にするためです。様々な影響とは、例えば部署間でデータがうまく共有できなかったり、気づいたら仕事のやり方が前と変わっていたりといったことを指します。このようなことが仕事中に起こってしまったら困ってしまいます。
2つ目は、変更から起きるシステムへの影響自体を最小限に抑えるためです。システムへの影響が起きてしまうことは避けることはできません。しかし、システムの構造をよく理解し最低限の処理を行うことで、システムへの影響も最小限に済ませることができます。
変更管理にはこれらの目的があります。複数人で行う場合は、このことを再確認して仕事に取り組みましょう。

新着情報

◎2020/3/16

目的と変更に伴うアセスメント
の情報を更新しました。

◎2020/1/28

目標設定の重要性
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

リスク軽減を意識することが重要
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

担当者関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/7/25

ソフトウェア関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「管理 目的」
に関連するツイート
Twitter