システムについてもっと調べる

このサイトでは、危機を抑えるための変更管理について述べています。IT業界において変更を管理する重要性は高く、リスクを抑えるには欠かせません。ハードウェア関連の変更を管理する方法、ソフトウェア関連の変更を管理する方法、そして、担当者関連の変更の管理を行う方法というように、それぞれの変更の管理の仕方を分けておく事で、メンテナンス性が高まり、危機を回避出来る環境作りを行う事が出来ます。複雑になる情報システムを外部からの脅威から守る必要があります。

リスクを抑えるための変更管理

リスクを抑えるための変更管理 リスクは情報システムの外部から発生し、侵入してきますが、その他にも情報システムの様々な部分を変更する事で発生する事も多々あります。
リスクが発生しにくくするには、変更管理を実施する事が有効です。
ハードウェアやソフトウェア、担当者など変更される箇所は多岐にわたっています。
変更管理をしっかりと行っていけば、何かトラブルが発生してもその原因を突き止め易くなりますので、システムのトラブルを回避する事が出来ます。
情報システムを長期間稼働させますと、どうしても経年劣化が出てきて、ハードウェアの交換を行わなければいけません。
また、ファームウェアなどを更新する事で脆弱な部分を修正して、システムを強化していく事もでき、これが結果的にシステムの安定性にも繋がりますので、ソフトウェアの変更管理も欠かせません。

コンピューターシステムの変更管理について

コンピューターシステムの変更管理について コンピューターシステムの変更管理ですが、これは場当たり的に行ってはいけません。
そんなことをしてはシステムがうまく動かなくなるとか、うまく使えなくなるなどの問題が発生する可能性が高くなるからです。
まずは、どんな変更をしたいのかを明らかにするところから始めましょう。
それは自明だと言う人もいるかもしれませんが、システムを念頭において考えた場合に、頭で思っている変更内容は実は曖昧なものだったということは良くあります。
続いて、システムのどこを変更する必要があるのか、そしてその変更により影響を受けるシステムはどこかを確認します。
変更管理では最も難しいところと言って良いでしょう。
場当たり的な変更が良くないのは、だいたいにおいて影響範囲をしっかりと把握できていないままに作業を始めてしまうことから問題が生じるためです。
ここで重要なのが、そのシステムのオーナーというか、責任者も巻き込んで確認することです。
担当者の勝手な判断で行ってはいけません。
そして、全ての作業は誰が、いつどのように行ったか、その記録を残し、また同じように責任者の確認を受けつつ行います。
これによって、万一問題が生じてもどこに問題があったのかを把握しやすくなります。

USBデバイス制御ソフトを知る

usb デバイス制御 ソフト

新着情報

◎2020/3/16

目的と変更に伴うアセスメント
の情報を更新しました。

◎2020/1/28

目標設定の重要性
の情報を更新しました。

◎2019/12/5

リスク軽減を意識することが重要
の情報を更新しました。

◎2019/9/26

担当者関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/7/25

ソフトウェア関連の変更管理
の情報を更新しました。

◎2019/4/26

サイト公開しました

「管理 リスク」
に関連するツイート
Twitter